葬儀当日の段取りは

葬儀当日に行う段取り

葬儀当日の段取りについて

人間はいつ、どんな型で急に亡くなるか誰にもわかりません。昨日まで元気だった人が交通事故で急死することもあるのです。こうした訃報を受けて当日急に段取りをしなければいけません。葬儀に参列する際に大事なことは、訃報の内容を良く確認することです。仏式、神式、キリスト教式によって参列の作法やマナーは全く異なってきます。ただ服装をブラックフォーマルで光物を一切排除した装いにすれば、どの葬儀でも無難であり無礼になることはありません。また最近は香典に関しても辞退するケースが多く、そうした部分の確認も怠らないことが大事です。

葬式の段取りは不安を感じるもの

葬儀を営む機会は少なく、いざと言う時にはその段取りをどうすべきか、戸惑い不安に感じるものです。家族などが亡くなられた場合、どこで通夜や葬式を行うべきか、規模とスタイルをどうするかを遺族間で相談し、葬儀会館を選ぶ事がスタートとなります。これを決めれば、後は担当の方と相談し、費用に大きく関わる祭壇や棺などに関して、自分達の意思をしっかりと伝え、細部は担当者の指示に従えば、意外とスムーズに進行するものです。また導師を勤めてもらうお寺さんも、お付き合いのあるお寺さんが無くても、宗派さえ分かっていれば、近くのお寺さんを紹介してもらう事が出来、心配する必要もありません。

↑PAGE TOP