葬儀の問題点とは

今の日本の葬儀の問題点

今の日本の葬儀の問題点とは

問題点は、とにかくお金がかかりすぎることです。お寺さん(場合によっては神社等)や会館等に払うお金の高いことは今年身内の葬儀があり、その時にもいろいろと話を聞きましたが、いろいろな経費のあまりの高さに驚きました。特に、お寺さん適当にする割には高額なお金をとっていくのですから、呆れて何も言う気になれません。海外からも「soushikibukyou」と日本語のまま英語になって定着してたりするのですから、まさに「漫画」です。

葬儀とはどういったものか?

葬儀とは、亡くなった人の冥福を、遺族や親族、友人や関係者等と祈り、別れを告げる宗教的な儀式の事です。宗教や宗派によって形式や流れがそれぞれ異なります。例えば仏教であれば僧侶がお経を読んだりし、焼香をし、出棺、火葬などが行われますが、キリスト教では神官が祭詞を述べたり聖書を朗読したりし土葬を行います。 葬儀の役割は、社会に故人の死を告知し、遺族や親族と別れを悲しみ慰めあい、そして遺体を火葬や土葬等で処理し、この世からあの世へと送り出して、命の大切さや命はいつか必ず終わると言う事を知らしめる役割があります。

↑PAGE TOP