葬儀と初七日に関して

葬儀後の初七日とはなにか

葬儀の段取りと初七日法要

身内が亡くなった場合、死亡診断書を受け取り、遺体安置所に遺体を寝台車で搬送してもらいます。その後、お葬式をいつ、どのような葬儀にするか、葬祭会社の担当者と段取りの話し合いをします。一般葬や家族葬の場合、その翌日がお通夜で、翌々日が葬儀・告別式です。その後出棺があり、火葬が行なわれます。火葬後に骨揚げを行い、次に棺骨法要を行いますが、今は葬祭会社の斎場を使って行う場合が多くなっています。お葬式を終わった後、自宅に後飾り祭壇を作ります。仏教では逝去の日から忌明けまでを中陰といい、遺骨、位牌は仏壇に納めてはいけないことになっています。そして七日ごとに無事故人が、あの世に行けるように法要を行うのですが、初七日の法要は、最近では、遠方から参列してくれた人の事を考えて棺骨法要の後行う事が多くなりました。

葬式の段取りについて

人には誰しも死が訪れます。中でも肉親、親や兄弟が亡くなることほど悲しい出来事はないと言えるでしょう。しかしこうした悲しみに暮れている中でも葬儀の段取りを喪主は行わなくてはいけません。多くの人の場合、葬儀社の言いなりになってしまう音が多いものです。しかしこうした業者任せでは思わぬトラブルに遭遇することもあるので注意が必要です。とくに誰で訃報を伝えるべきかということは抜かりがあってはいけません。そのため生前からどんな人との付き合いがあり、連絡先や連絡の手段を喪主は把握しておく必要があると言えるのです。

↑PAGE TOP