葬儀の準備をする

葬式の段取りと準備は

段取りが簡単な葬儀準備について

近親者が亡くなり(特に年齢の順でない方であれば尚更です。)悲しみにくれ意気消沈していても葬儀は待ってくれません。不謹慎かもしれませんが亡くなってから病院などで紹介される葬儀社に連絡を入れて準備にかかれば段取りも進みにくく打ち合わせに時間がとられ徹夜に近い状態になります。冠婚葬祭会社の互助会をご存知でしょうか。互助会に加入されますと事前相談やセミナーも開催され事前準備がイメージできますので不幸があっても慌てることはないでしょう。互助会会員は経費も割安になるメリットもありますが、事前打ち合わせで当方の事情も把握していますので段取りがスムーズに進みます。

段取りを決める場合の注意点

家族が亡くなった場合の葬儀の段取りですが、病院で逝去をした場合、死亡診断書を受けとり、まず、寝台車の手配をして遺体を安置所に運びます。死亡診断書は、葬祭会社の係員に渡し、死亡届けや火葬許可証の手続きをお願いします。その次に、葬祭会社の係員と葬儀の打ち合わせを行い、翌日、納棺、通夜、その翌日、お葬式となります。お葬式は、親類縁者等たくさんの人に来てもらう一般葬か、家族だけで別れを惜しむ家族葬か、火葬のみを行う火葬式かにより、費用も方法もいろいろとあります。大切な事は、自分で納得ができるお葬式にするには、どのようなお葬式にするのかをあらまじめ決めておく事です。

↑PAGE TOP